入出金のやり方には注意が必要です

ネットバンクは、一般的に「店舗」や「自社ATM」を配置していません。

あったとしても極少ない数です。ですから、ネットバンクへお金を預金するときなどは、提携先の銀行窓口やATMなどを利用します。「入金は、自分の口座へ振り込む」形です。

ネットバンクで口座を開設する際、提携している銀行、ATMの確認はしっかりしておきましょう。

提携をしていない銀行のATMから入金する際には、利用する銀行側の振込み手数料が発生してしまいます。

ただ、最近は、数多くの銀行やATMと提携し、手数料をかけずに入金・出金できるネットバンクも増えています。コンビニなどでも利用することができますから、一度確認してみてください。

店舗はありませんが、自社ATMがあるネットバンク『セブン銀行』もありますし、店舗がある銀行『あおぞら銀行インターネット支店』や、『新生銀行』などもあります。

このような自社の店舗、ATMを持つネットバンクで口座を開設すれば、この店舗、ATMから無料で入金することも可能です。自宅や会社の近所など、便利な場所に店舗やATMがあるかどうかをご確認ください。

次に、出金方法についてです。

出金の場合も、店舗があるほかの銀行やATMからお金を引き出しますので、ネット銀行が提携していない銀行やATMを利用して引き出すと手数料がかかります。

さらに、提携している銀行のATMであっても、出金の場合には手数料がかかるネットバンクも存在します。

口座を開設する際、出金時の手数料についても、ご確認ください。

特別なサービスを提供しているネットバンクもあります。

ネットバンクも数が増えてきて、例えば、一か月内で、規定回数内であれば入出金や振込み手数料が無料になるなど、独自のお得なサービスを提供しています。

このサービスを使うことで、より多くのメリットを得られるネットバンクもあります。

自分がネットバンクを利用する頻度などを考慮し、魅力の多いネットバンクで口座を開設してください。