ネット銀行を使えば、公共料金の支払いも簡単にできます

毎月発生する公共料金や携帯電話の支払い、みなさんはどのようにしていますか?

もしかすると、口座引落しの手続きが面倒で毎月コンビニで支払いをしている方が多いような気がしますし、このような傾向はとくにひとり暮らしに多い傾向があるようですが、いかがでしょうか。

公共料金や携帯電話の支払いなどは一般的な普通の銀行でも当然ながら取り扱っているのですが、「ネット銀行(ネットバンク)」であればなんとPC(インターネット)や携帯電話から驚くほど簡単に支払い(振込み)ができるのです!

しかし、いくつか注意したい点があるので、これから利用するという方は以下の点にとくに注意しましょう。

まずインターネット上での決済では領収書が発行されないため、領収書が必要な際には忘れずに確認をするようにしてください。

例えば、車検時には自動車税に納税証明が必ず必要になり、これも公共料金や携帯電話の支払いと同じようにネット銀行で行えるのですが、たった今述べたように「領収書がもらえない」ことを頭に入れておきましょう。

さらに、ネット銀行を利用して行う公共料金の支払いに対応する収納機関はある程度決まっています。

そのため利用したい収納機関がネット銀行に対応しているか否かの確認は必ず事前に行っておいてください。

確認をスルーしてしまったために、「支払い先がこのネット銀行に対応していない!」なんてことになる可能性もありますよ。

このように、ネット銀行での支払いは便利なぶん、いくつか気をつけなければいけないポイントがあるので、これらをきちんとクリアして快適な環境を整えましょう。